オモテ向きの自分はウチ向きでささえられている

外では我慢できることも
家族には つい ワガママを言ってしまう

それ、今使おうとおもって出しといたのに、しまうなよ!

「あ、それ今使うからちょっとだしといてくれる?」

 

なんでこれ洗っといてくれねーの〜〜!

「これ、今度洗っといてくれる」

 

俺の話きいてるのかよ

「あれ?聞いてた〜?」

 

じゃあいいよ、もうやらね〜

「しょうがねーなー今日だけな」

 

外ではそんなこと言わないのに
家族には つい リフジンな言い方をしてしまう

一度言ったことは守ってって言ってるじゃん

「この前も言ったのに。次はわすれないでね」

 

開けっ放しにしないで閉めて

「あれ、開けっぱなしだよ〜」

 

洗濯おわってるのに、いま出さないでよ

「ゆうべ出しといてくれたら助かるのに〜」

 

人はみんな どっかワガママで
自分本意な ちょっとリフジン

そんなところを 外向きで出さないように
家族にむかって つい ワガママで
ちょっと リフジンになってしまう

それは 家族の それぞれが
それぞれの オモテ向きを
それぞれ ウチで支えている

だから 家族は ワガママで リフジン

みんなで お互いをささえているの

強い信頼の証なのさ

だけど、支えてくれてるのだから
家族には優しく出来るほうがいい

これみよがしに みせる必要はない
さりげない 優しさと思いやりで
いつまでも 支え 支えられ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です