QP Junのお絵描き話

うけいれる きもちうけいれる きもちうけいれない きもち

ちょっと時間をかけて

ちょっと見かたをかえれば

QP Junのお絵描き話

10億人のたすけたい

作:QP Jun

よわっているひとをみかけたら
たすけてあげよう

できれば ふたり

たすけられた人は
うれしくなって
だれかを たすけたーい ...

QP Junのお絵描き話

ぼくは オセロのコマだよ

ふだんは シロい かおだけど
うらっかえると クロなんだ

いつでも シロで いたいけど
パタンとかえると クロなんだ

じぶんでは かわれない

まわりがクロく なっちゃうと ...

QP Junのお絵描き話

日本人の 寿命

おとこのこが 80歳

おんなのこは 87歳

1年間は 365日

ってことは

おとこのこの生きる日数は 28,761日

おんなのこのでも、30,98 ...

QP Junのお絵描き話

ひとが生きていくということは、勝ち負けではありません。

生き方に、優れているも劣っているもありません。

それでも、人間はよわいもので、自分が生きるために、つい優劣をつけたくなります。

「あの人よりも自分が上」

QP Junのお絵描き話

作:QP Jun

ひかりが あかるくてらすと

みんな ぽかぽかする

 

 

ひかりは みんなを ぽかぽかしたくて

どんどん どんどん あかるく ...

QP Junのお絵描き話

「はりねずみのジレンマ」をご存知でしょうか。

19世紀ドイツの哲学者、アルトゥル・ショーペンハウアーが生み出した寓話で、「やまあらしのジレンマ」とも呼ばれます。

刺々しい針をもちながらも、近づきたい。

QP Junのお絵描き話

ちいさな葉っぱは どこにだって
風に乗って 飛んで行く公園で ころんでしまって
泣いている子のところにもその子のまわりで くるりとまわって
やさしい風で つつんであげる

 

ちいさな葉っぱは どこ ...

QP Junのお絵描き話

コンプレックスを虎の威で包むと嫌われ者ができます

 

コンプレックスを鉄の衣で包むと引きこもりができます

 

でも コンプレックスを真綿とガーゼで包むと良い感じに染み出してきてやわらかく
さわ ...

QP Junのお絵描き話

 

ココロのおくにヒカルもの

それは、愛情?
それは、妬み?
それは、優しさ?
それは、冷たさ?
それは、尊敬?
それは、軽蔑?

ココロのおくから 出した方が い ...

QP Junのお絵描き話

ぼくの
きらいなことは
うそを つくこと

おまえは
うそがつけないな〜 って
よく言われる

それは うそをつくのが
きらいだから
つい だまってしまったり

ぷっと ...

QP Junのお絵描き話

クルマを運転していて 急に横から割り込みイラ!そんな時は 運転している人を 友達だと思おう

あぶねーだろ〜 友達!

まったくあぶねーなー あいつは!

気をつけろよ友達!

 

こう ...