嘘がなくなるクスリ

「ついに発明しました!」

お城でクスリの研究をしていた医者がおおよろこびして、早速王様に伝えまに来ました。

「これこそ、嘘がなくなるクスリです。」

このクスリを効能は、だれのココロの中からも、「嘘をつく気持ち」がなくなるというのです。

 

王様はさっそく、牢屋にはいっている、大嘘つきの大泥棒にそのクスリをのませました。

「いやー、あれも、これも、俺が盗んだんだ!」
「実は、牢屋の鍵も、そのうち盗んじまおうって企んでたたところさあ。」

自分の口から出た言葉に一番驚いたのは、大嘘つきの大泥棒でした。

「これじゃあ、これから泥棒をしても、すぐにばれちまうじゃないか。なんてことをしてくれるんだ」

 

それでも、嘘をつくことがなくなった大嘘つきの大泥棒なら、すぐに捕まえることができるだろうと、なんと牢屋からだしてもらえましたもので、ひとまずは喜びました。

「しょうがねえなあ。ちょっとは真面目にはたらくか。なんせ、嘘がつけねーんだから、うっかり悪いこともできんぞ」

 

そのクスリの効果は、あっというまに国中にひろまりました。

「嘘がなくなるなんて、なんていい薬だ」

「王様がみんなにクスリをくばってくれるそうだよ」

「きっと、明るくて楽しい国になるね」

「みんな、やさしくて仲よしばかりになれるわね」

 

なかには、いままでついてきた嘘がバレてしまうことをおそれて、地下に潜って生活をはじまたものもありました。

あるいは、クスリを飲んで嘘がバレてもいいように、クスリを飲む前に嘘を上手にバラすものもおりました。

 

そうしているうちに、国民は順番にお城に呼ばれました。
「嘘がなくなるクスリ」を、城のみんなが見ている前で飲まされました。

自分だけ飲まないで、うまいことやってやろう。
と、考えるものもいたからです。

 

すぐに、嘘のない国ができあがりました。
よく効くクスリでしたので、まったく嘘がなくなりました。

 

「実はあのとき、ツボをわってしまったのは僕なんだ。ほんとうにすまない」

「ドーナツをつまみ食いしたのは僕だよ。ごめんなさい」

「可愛くないなんていったけど、ほんとはすごく可愛いとおもってたんだ」

「あいつはひどいやつってのは嘘だ、ほんとはすごくいいやつなんだよ」

 

いつ、自分の嘘がばれてしまうのかハラハラした国民は、みんな自分から嘘をばらして、謝罪をはじめたのです。

 

自分も嘘をついているんだし。

謝ってるし。

みんなお互いさま

と、すべての嘘を認め合い、ゆるしあいました。

 

嘘は、自分のための悪巧みや、見栄虚栄言い訳のためについてしまいます。

見栄や虚栄や悪巧みや言い訳のない、あかるい、楽しい、仲よしばかりの国になる。
そんなふうに、みんな喜んでいました。

 

風のうわさは、遠く離れた国でクスリを研究している医者の耳にもとどきました。
その医者も、かつて「嘘のなくなるクスリ」を作ったことがあったのです。

「これはいかん」

その医者は、なにかのクスリをもって、遠く離れた「嘘のない国」に向かいました。

 

そのころ、嘘のない国では、みんな嘘をつかずに、正直にすごしていました。

 

「おや、このスープは塩からくて飲めないな。からだにわるそうだ」

「そういえば、あの人が君のことを、乱暴者っていっていたよ」

「うちのカミさんは寝相がわるくてね。それに、いびきもすごいんだ」

 

国民のあいだでは、なんだかギスギスした気持ちがつもりはじめていました。

 

「まずくてわるかったわね。じゃあ、からだにいいもの自分でつくりなさい」

「どこが乱暴なのか、直接ききたいもんだ。お前もそうおもってるのか」

「あんたが暑苦しくてねられないのよ。もっと離れてねてちょうだい」

 

ギスギスがギスギスを呼んで、ギスギスギスギス。

 

クスリをのまずに地下に隠れていた男も、これは面白いことになったと、出てきて自分勝手な嘘をつくものだから、国の中はおおさわぎ。

 

「彼女がこんなこと言ってたよ」
「あいつは、本当はこんなことやってるんだよ」
「わるいことなんて、みんなやってるんだよ」

見栄や虚栄、悪巧みもばらまいて、仲のよかった国は、こころがバラバラになりました。

国の中で争いごとが絶えなくなってきたころ、城では、王様も、クスリを発明した医者も、あたまを抱えて困っていました。

 

「だいたい、おまえが勝手な研究ばかりして、こんなクスリを作るからいかんのだ」

「最初は王様も喜んで、王様がみんなに飲ませたたのに、勝手なことをいわんでください」

 

そのころ、遠くの国を出発したあの医者が、ようやくお城を訪ねてきました。

 

「じつは、かつて、わたしも同じクスリを発明して、国を大変なことにしてしまった医者です」

「うわさをききつけ、このクスリを持参しました」

 

争いの絶えない国をすくうために、頭をひねって新しいクスリを研究し、ようやく発明したクスリだそうです。

そして、持参したそのクスリを王様に手渡しました。

 

「これがそのクスリ、嘘がつけるようになるクスリです」

 

王様と医者は、「嘘がなくなる楽しい国」なんて、作ることは出来ないいんだ。
元に戻ったほうがまだよいと、「嘘がつけるようになるクスリ」をうけとりました。

 

遠くの国から来た医者は、がっかりしている王様と医者にニコリとわらって続けました。

「ただし、1種類の嘘しかつけません。」

 

「クスリの名前は、” White Lie ” です」

 

 

薬名:
White Lie(ホワイト ライ)

効能:
「相手のための嘘」だけが、つけるようになります。

使用方法:
見栄や虚栄、自分のための嘘がつけない状態でご使用いただくと、相手のための罪のないやさしい嘘がつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です