勝ち負け

勝ち負け

ひとが生きていくということは、勝ち負けではありません。

生き方に、優れているも劣っているもありません。

それでも、人間はよわいもので、自分が生きるために、つい優劣をつけたくなります。

「あの人よりも自分が上」

「こうしないと負けてしまう」

「勝つためにはあの人が邪魔」

そうやって周りと比べることで、自分の価値を確認したくなってしまうのです。

人生は、競争ではありません。

一緒に走っていくものです。

幸せとは、奪い合うものではありません。

与え合い、分かち合うものです。

周りの人は仲間であって、決して敵ではないのです。

勝ち負けを意識していていると、まわりは敵だらけになってしまいます。

まわりが闘う相手になってしまうのですから。

敵だと思って見ている相手が、いつかは自分のことを敵だと見るようになってしまうのは、あたりまえですね。

幸せや、よろこび、楽しみ。

それは人それぞれに違うこと。

比べて優劣をつくるものではないのです。

むしろ、与えてあげると、自分にもわけてもらえるのです。

一緒に、与え合い、分かち合えば、そこにいるのは敵ではなく、仲間になります。

仲間同士であれば、勝ち負けの争いはおこりません。

敵同士であれば、分かち合う時間はもてません。

だから、勝ち負けにこだわってしまうと、分かち合う仲間も敵になってしまうのです。

勝ち負けにこだわった、上から見おろす目線では、仲間と眼と眼を合わせることができません。

勝ち負けにこだわり、上から見下ろしている目線では、周りの人が自分を見上げてくれないと、視線が交わらないからです。

見上げることも、見下ろすこともなく、自然に眼と眼をあわせられるのが仲間です。

勝ち負けにこだわった、上下優劣の目線では、なかなか眼と眼を合わせることができません。

それでも、生きていく上で、戦う気持ちは大切です。

しかし、戦う相手は、勝ち負けを意識している周りではなく、弱く、すぐにくじけてしまう自分と戦うことが必要なのです。

自分と戦い

楽しいことや嬉しいこと、夢や希望は分かち合い

人との結びつきが最も大事だと考えていると、

戦う気持ちをもった仲間のあつまる、幸せな世界ができると、信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です