四苦八苦とは「思うようにならないこと」

QP Junのお絵描き話
スポンサーリンク

flipaclip-untitled-1四苦八苦(しくはっく)

ここでいう「苦」って、「苦しむこと」ではなくて「思うようにならないこと」なんだそうで。仏教用語的には。

基本的な4つの思うようにならないこと

生老病死(しょうろうびょうし)

生きることも、老いること、病になることも、そして最後には死ぬことも、思うようにはならない基本的な4つの「苦」

さらに生きていく上で、4つの「苦」が追加になるそうで。

愛別離苦(あいべつりく) 愛する者との別れ
怨憎会苦(おんぞうえく) 憎む者との関わり
求不得苦(ぐふとくく) 求める物が手に入らない
五蘊盛苦(ごうんじょうく) 肉体と気持ちが思うままにならない

あるあるっていう感じの「思うようにならないこと」ばかりです。

基本的な4つの「思うようにならないこと」に加え、生きていくとさらに4つの「思うようにならないこと」が追加されて、八苦になります。

ということらしいです。

四苦八苦とは、「苦しくてヒーヒー」いっている状態ではなく、「思うようにならないことへ葛藤している」というという状態のようです。

葛藤した結果、さらに「思うようにならないこと」を増やしてしまっては、四苦八苦十六苦と、どんどん増えてしまいます。

シクシク

ちなみに、4x9=36と8x9=72を足すと、煩悩の数の108になるのは後付けっぽいな。

そんなときの対処法

過去でなく未来をみる

思い通りじゃないけどうまく行ってる。これでいいと考える。

幸せの数を数える

不幸せばかり考えずに、身の回りにいつもあるものに感謝 をする。

信頼出来る人に話を聞いてもらう

へこんでしまう時は実は誰かに甘えられるチャンスで。
あなたに、頼って欲しいと思っている人を満たすチャンス。

好きな事をやる

ネガティブに押しつぶされないように、好きなことに集中してポジティブを引き寄せる。

価値観を手放す

「こうならなきゃダメ」と思っている「思い通り」の価値観を手放して、「なんの価値観に縛られているんだろう」と考えてみる。

 

出典:https://sokkadayo.jp/s108k/

コメント

error:Content is protected !!